東大刺傷事件犯人の生い立ちに驚愕!「親に愛されたい」勉強だけが存在理由

dannseigazou 東大刺傷事件

東大刺傷事件犯人の生い立ちが判明しました。東大刺傷事件犯人は「親に愛されたい」という気持ちが強く、勉強だけが自分の存在理由と感じていました。

東大刺傷事件犯人の顔画像と名前がネットで拡散中!

東大刺傷事件犯人の生い立ちに驚愕!「親に愛されたい」

東大刺傷事件犯人の生い立ちを見ていくと、「親に愛されたい」という気持ちが強かったのがひしひしと感じられます。文春が東大刺傷事件犯人の生い立ちについて触れる記事を公開しましたが、どのエピソードを見ても親からの愛に飢え親から愛されたいという東大刺傷事件犯人の感情が伝わってくるものでした。

東大刺傷事件犯人の顔画像と名前がネットで拡散中!

東大刺傷事件犯人の生い立ち「優しいお兄ちゃん」

引用 文春オンライン

東大刺傷事件犯人の生い立ちを見ていく上で家族構成は欠かすことができません。東大刺傷事件犯人の家族は、父親、母親、長男、次男、長女、次女の6人家族です。また、取材で祖父が登場しており「目の中に入れても痛くない」と東大刺傷事件犯人のことを表現していることからも温かな良い家庭環境であったことは容易に想像ができます。

東大刺傷事件犯人は一家の長男として名古屋市に誕生しました。東大刺傷事件犯人の父親は名古屋市の私立大学卒業後に、母校で事務職員として生計を立てていました。母親はパートで両親共働きということがわかっています。

家族が6人もいるため、東大刺傷事件犯人の父親の稼ぎだけでは生活が大変だったのでしょう。ネットでは「医者の家系でエリートじゃないか」「親ガチャに失敗した」などと否定的な意見が多かったですが、それは間違いです。

引用 文春オンライン

「家が教育熱心だったかというと、そんなこともなく、親からのプレッシャーを受けている感じはなかった。高1の時は、自ら進んで家の近くの通信制の塾に通っていましたが、彼は親孝行で『塾で費用の負担をかけたくない』と言い、やすいスタディアプリで勉強していました。家族中はよかったと思います」

東大刺傷事件犯人は家族に経済的な負担をかけまいと、塾ではなくお金のかからないスタディアプリや通信制の費用の安い塾に通っていました。東大刺傷事件犯人は一家の長男。可愛い弟や妹、愛する両親を思いやることのできる「優しいお兄ちゃん」でした。

東大刺傷事件犯人の自宅

東大刺傷事件犯人の顔画像と名前がネットで拡散中!

東大刺傷事件犯人の生い立ち「勉強だけが存在理由」

東大刺傷事件犯人が卒業文集で書いたものです。タイトルは「勉強」です。

引用 文春オンライン

私は三年間の中学校生活で、行事や部活動、その他色々なことを経験しましたが、やはり『勉強』というものが一番長く経験したものでもあり、自分を時に苦しめたものであり、助けてくれたものでもありました。

自分が本格的に勉強を始めたのは小学四・五年生くらいでした。とは言ってもテスト前は三時間もやっていなかったので平均よりちょっと上ということばかりだった覚えがあります。中学校では、そんな自分や自分の学習態度・考えが変わることがありました。

まず、順位というものが自分に大きな影響を与えました。特に二年生の時、大暴落を受け心が折れかけたことがあります。逆にそれがきっかけにになり、後の学習態度や方法が一掃され、上位に追いつめることができました。

これから先も「勉強」は続きます。しかしこれからも中学校で学んだ勉強の重要さ、苦しさ、楽しさを忘れず「勉強」をやり続けていきます。

東大刺傷事件犯人が通っていた中学校は「名古屋市立神丘中学校」で制服が酷似していることがわかります。東大刺傷事件犯人が通っていた中学校は公立の学校で私立と比較すれば学費も抑えることができますし、東大刺傷事件犯人が通っていた中学校で一番候補の高い学校です。

東大刺傷事件犯人は一家の長男で弟や妹の面倒も見て、両親の経済状況も思いやることのできるできた息子でした。しかし、東大刺傷事件犯人も20歳にもいかない歳でまだまだ両親に甘えたい年頃だったのではないでしょうか。

東大刺傷事件犯人の下に弟や妹が多かったこともあり、東大刺傷事件犯人の両親はしっかり者の東大刺傷事件犯人よりも下の子供達に目がいくことが多かったことは容易に想像がつきます。「家族のことを誰よりも考えているのは僕なのに・・・。」東大刺傷事件犯人は心の中では何度もそう感じていたことでしょう。

東大刺傷事件犯人は、両親の愛情に飢えていました。家庭を圧迫しないように塾や学校は安いところに通い、兄弟たちの面倒を見ているにも関わらず両親からは当たり前になっていたのかもしれません。そんな東大刺傷事件犯人が唯一褒められたことが「勉強」でした。

東大刺傷事件犯人の優等生ぶりは、近所のママ友にも知れ渡るほどです。ママ友から「東大刺傷事件犯人くん勉強できてすごいわね〜」と言った会話ですが母親の反応は謙虚なものでした。

「うちの息子は変わってるんですよ」

引用 Yahooニュース

しかし、内心嬉しかったことでしょう。ママ友にまで周知されるほど息子の成績が良く褒められることは。さぞかし東大刺傷事件犯人を褒めたことは言うまでもありません。

今までは、「頑張っても誰も認めてくれない」。勉強は頑張っただけ順位という努力の証拠が明確に表示されます。頭の良い子供を褒めない親はいません。東大刺傷事件犯人の両親からでた「勉強頑張ったな」という言葉が東大刺傷事件犯人の生きる理由となりました。

勉強だけが存在理由の東大刺傷事件犯人。決して恵まれているとは言えない環境の中、努力だけで名門の東海高校への外来入学を果たします。

東大刺傷事件犯人の顔画像と名前がネットで拡散中!

東大刺傷事件犯人の生い立ち「友達ができない」

東大刺傷事件犯人が親の愛に飢えていたのは、単に家族内だけの問題ではありませんでした。東大刺傷事件犯人が学校で起こしたエピソードを見ていくことで東大刺傷事件犯人は「友達がいなかった」ことがわかります。

東大刺傷事件犯人は塾に通う同級生にお付き合いを申し出たことがあります。「僕と結婚を前提に付き合ってほしい。僕の賢い遺伝子とあなたの美貌の遺伝子が合わさった子を作りたいです」と言った東大刺傷事件犯人。正直、冗談で言ったのか真面目に言ったのかは定かではありませんが冗談の通じない相手からすれば間違いなく「気持ち悪い」と思われることでしょう。

東大刺傷事件犯人が告白した美貌の持ち主も気になりますが、「僕の賢い遺伝子」という東大刺傷事件犯人も大概です。東大刺傷事件犯人が告白した女性からしたら、このエピソードは格好の「ネタ」になったでしょう。周囲の友達に「あいつが私に告白してきたんだけど、なんて言ったと思う〜?」などと周囲に言いふらしたことは容易に想像がつきます。

東大刺傷事件犯人画像

東大刺傷事件犯人の周囲に友達がいれば、こんな事態にはならなかったでしょう。「お前、それはキモいからやめといたほうがいいぞ」を優しくさとしてくれるはずです。東大刺傷事件犯人の周囲にはさとしてくれる友達するすらも存在していなかったのです。

さらには、授業中にリストカットするという周囲もドン引きするような行為。勉強に文字通り命をかけていた東大刺傷事件犯人。授業の問題に答えられず、自分を傷つけるという行為に及んでいた過去があります。リストカットする人物と友達になりたがる人なんていないのは当たり前です。

引用 匿名掲示板

なんか気持ち悪いな
周囲も扱いに困ってただろうな

勉強だけが自分の存在理由として生きてきた東大刺傷事件犯人ですが、勉強以外のことが疎かになってしまい気づけば孤立していたのかもしれません。名門校高校に通っていると言っても中身は17歳のまだ幼い心の持ち主です。

「親に認められたい」「友達が欲しい」「彼女が欲しい」当たり前の、欲求を満たそうとして悩み、苦悩する東大刺傷事件犯人の姿が目に浮かびます。

引用 匿名掲示板

お前マウントとりたくないの?
みんなにチヤホヤされるわ、すげえと称賛されるわ
ちょっとしたアイドルになって
注目の的だよ。ウヒャヒャヒャ

東大刺傷事件犯人の顔画像と名前がネットで拡散中!

東大刺傷事件犯人の生い立ち「降格争いに敗北」

東大刺傷事件犯人の勉強に対する執着は、異常なまでのものでした。

「そもそもAが東大理三を目指し始めたのは、高校受験で開成高、西大和学園高、ラ・サール高を受けたんですけど、全部落ちて東海しか受からなかったのが大きかったようです。入学した時から、『大学では絶対1番を目指す。日本一のところに行くんだ』と言ってました」

引用 文春オンライン

両親から認められたい、愛されたいと頑張ってきた勉強。名門東海高校へ入学を果たすも、東大刺傷事件犯人の本当に入学したかった学校ではなかったのです。仕方なく入った名門東海高校でも充分に感じますが、相当な負けず嫌いな東大刺傷事件犯人。「もう誰にも負けたくない」と東大を目指します。

しかし、現実はそう甘くありません。東海高校の降格争いでB群に降格された東大刺傷事件犯人。東大刺傷事件犯人のプライドはズタズタだったでしょう。東大に入学するために、生徒会長への立候補や内申点を上げるための清掃委員会への立候補。できることはなんでもしました。

上には上がいると言いますが、東大刺傷事件犯人には受け入れることができなかったのでしょう。東大刺傷事件犯人の気持ちを理解されている人物も存在します。

東海高校OBの医師です。

私も加害者と同様に高2で理系A群でB群への降格争いを経験しました。

結果、高3でのA群残留にはなりましたが、高3での受験勉強において、自分は確実に成長しているのに、周りがそれ以上に成績を伸ばすため、相対的に自分が退化している様な錯覚に陥り、本当に辛かったことを覚えています。

一般人からしたら、学生時代の降格争いなんて想像もできません。東大刺傷事件犯人は降格争いに敗れ、東大にいけないことを悟ったのでしょう。「東大にいけないなら、自殺しようと思った。それならば自殺する前に人を殺して、罪悪感を背負って切腹しようと考えた」と語った東大刺傷事件犯人。

それでも、東大に行きたいと言う気持ちを抑えきれずに「来年、東大を受ける!」と叫んでいた東大刺傷事件犯人。学校の降格争いに敗れたばかりか人生の降格争いにも敗れてしまいました。

東大刺傷事件犯人の顔画像と名前がネットで拡散中!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました