鈴木純一医師のクリニックは「富士見在宅クリニック」患者へ涙の謝罪

dannseigazou 渡邊宏ふじみ野立てこもり事件

渡邊宏による立てこもり事件で猟銃のようなもので撃たれ死亡した、鈴木純一医師。鈴木純一医師のクリニックは富士見在宅クリニックであることが判明。また、鈴木純一医師は患者へ涙の謝罪もしていました。

渡邊宏は「マザコンで暴走するタイプ」関係者が暴露!

鈴木純一医師のクリニックは「富士見在宅クリニック」

引用 Twitter

渡邊宏に撃たれ死亡した鈴木純一医師の勤務先に注目が集まっています。事件のあったふじみ野市で鈴木純一医師について調査してみると、1件の病院と1件のクリニックで鈴木純一医師という名前がありました。実際に鈴木純一医師を知る人物が、鈴木純一医師のクリニックと病院を情報提供してくれていました。

亡くなった鈴木医師は365日休まず往診など在宅医療をやってくださっている先生で。クリニックの休診日は、みずほ台病院に呼吸器科で診てくださっている。 夜はコロナの在宅診療にも行かれていた凄い先生なんです。 先生の往診を待っている人をも○したも同然。

鈴木純一医師が勤務しているクリニックは富士見在宅クリニック。24時間365日対応の訪問診療を中心とした在宅クリニックです。

また、鈴木純一医師はみずほ台病院でも週1回外来での診療もされていました。病院HPに鈴木純一医師の経歴が掲載されていました。

平成15年
東京慈恵会医科大学卒
日本内科学会 認定医
日本呼吸器学会 所属
日本結核病学会 所属
日本肺癌学会 所属

鈴木純一医師は内科をメインに診察していましたが、経歴からすると呼吸器内科に強いお医者さんだったようです。

渡邊宏は「マザコンで暴走するタイプ」関係者が暴露!

鈴木純一医師「患者へ涙の謝罪」

鈴木純一医師の評判はかなり良かったため、NHKの放送でも取り上げられるほどでした。

もし、あの鈴木純一先生だとしたら NHKの特集の中で、医療の手が回らなくてごめんね、とコロナ患者さんに涙を見せていらした 病める人にこんなに寄り添えるお医者さんがいるのかと感動して、近くの病院の先生だと知って嬉しかった 面識はない、けれどとても受け入れられない

このご時世で、助かる命も助けられない不甲斐なさに涙する鈴木純一医師。鈴木純一医師の人柄の良さと使命感の強さがひしひしと伝わってきます。なぜ鈴木純一医師のような素晴らしい医師が命を落とさなければならなかったのか。

渡邊宏は「マザコンで暴走するタイプ」関係者が暴露!

鈴木純一医師の家族がコメント

鈴木純一医師のご家族がコメントを発表しています。

私たち家族は、突然このような事件に巻き込まれ、心身ともに疲弊しております。私たちの心情をご理解いただき、家族、ご近所等の関係者に対する取材はご遠慮願います。どうかよろしくお願い申し上げます。

令和4年1月28日 鈴木家一同

鈴木純一医師の働いているクリニックは24時間364日対応しています。さらには、新型肺炎の影響で思うように診療ができなかったり自分や家族、患者を守るために一生懸命に医者の勤めを果たした鈴木純一医師。

現在の医療の不甲斐なさに絶望し、涙しながらも懸命に患者を見続けてきた結果が「死」ということはあまりにも残酷です。ご家族も鈴木純一医師の活躍には誇りを持っていたことでしょう。時には家族よりも患者を優先していたことも容易に想像できます。

母親を懸命に診療した、鈴木純一医師に対して渡邊宏は感謝の念もなく無慈悲に猟銃で鈴木純一医師の胸を貫きました。鈴木純一医師のもっと多くの患者を助けたいという気持ち、鈴木純一医師の家族の幸せを絶望へ叩き落とした渡邊宏を許すことができません。

渡邊宏は「マザコンで暴走するタイプ」関係者が暴露!

鈴木純一医師を助けることができなかった警察

鈴木純一医師が人質にとられてから、約11時間の時間が経過していました。警察は必死に渡邊宏を説得していました。ニュース番組、「ゴゴスマ」でも宮根さんが、「警察の対応」について発言するシーンがありました。

引用 匿名掲示板

11時間も説得!?

相手は猟銃を持って実際に人を撃っている犯人。警察が慎重になることは当然のことです。しかし、11時間の説得中のどこで鈴木純一医師が負傷してしまったのか、早ければ間に合ったのではないかと嫌でも考えてしまいます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました