眼球破裂事件の高校生を特定!「顔面血だらけ」右目はどうなる?

dannseigazou 眼球破裂事件

沖縄県で起きた眼球破裂事件で暴動が起きました。男子高校生がバイクで単独事故を起こしたところ、仲間と名乗る人物がSNS上に「警察に警棒で殴られた」と拡散し暴動に発展していました。眼球破裂事件の高校生に注目が集まっています。眼球破裂事件の高校生を特定!「顔面血だらけ」右目はどうなる?について深掘りしていきます。

眼球破裂事件の高校生を特定!「顔面血だらけ」

眼球破裂事件の発端となった負傷高校生は誰なのでしょうか。SNS上で画像を拡散させていた仲間ですが、現在は暴動にまで発展してビビってしまったのか、投稿を削除していました。しかし、拡散画像を保存していた人物も多く存在しています。

引用 匿名掲示板

昨日の出来事、警察官が警棒で殴って、そのあと事故処理で済ませようとする警察官
彼は今手術中、片目失明、失神している状態で見つかってます。回して欲しいです。事故処理で終わらせようとしてるので。

あたかも、警察が悪いかのような言い分の隣には顔面が血だらけの少年が横たわっている画像。眼球破裂事件の高校生は画像の人物で間違いないでしょう。未成年のため一部モザイクをかけさせていただいていますが、右目を中心に流血していることがわかります。

引用 匿名掲示板

デマを流したと思われる仲間のライン画像です。モザイクがかかっている部位に、眼球破裂事件の高校生の名前が記載されているのでしょう。ネットでは眼球破裂事件の高校生の名前も特定されていますが、未成年のため名前の公開は控えさせていただきます。

追記:眼球破裂事件の高校生名前は「あいき」

眼球破裂事件の高校生の名前がネットで拡散されました。名前は「あいき」くん。

俺は、あいきさんの言葉を信じます。だからあいきの同級生や友達は断固あいきさんを信じてください。また、沖縄の皆様も我々の沖縄県民であるのであいきさんと友達を信じてください。 あいきさんが、じゅんさに殴られたと言ってるのだから、失明してながら気絶しそうになりなから嘘はつきません。

眼球破裂事件の高校生「右目はどうなる?」

眼球破裂事件の高校生の右目はどうなってしまうのでしょうか。仲間と思われる人物のラインでは、右目は手術を行っており失明しているとあります。

引用 メディカルノート

眼球破裂の治療は、破裂による損傷が比較的軽くかつ修復が可能であれば、手術で縫合します。損傷箇所があまりに大きい場合には、眼球摘出手術が必要になることもあります。

いずれの場合でも、感染に対する治療も重要です。

眼球破裂は小さな傷であれば、傷を塞ぐコンタクトレンズ を着用して治療します。しかし、大きな傷であれば、手術での縫合や最悪眼球摘出となる可能性もあります。眼球破裂事件の高校生は、情報が正しければ手術をしているため決して軽傷ではないはずです。

縫合で済んでいれば、あとは感染を予防してどれほどまでに視力が回復するのか経過を見ていくことになります。縫合ではどうにもならなければ、眼球を摘出し義眼という形になってしまうのでしょうか。どちらにしろ失明や視力低下の後遺症は残ってしまう可能性があります。

また、右目を強く打っているため頭部打撲による認知機能障害や単純に右目が陥没しているという外見的な障害も一生付きまとうことになります。眼球破裂事件の高校生の将来は決して明るいものではないでしょう。

これから、恋愛に結婚、就職といった明るい未来が待っていたはずでした。しかし右目の障害により日常的にストレスがかかったり、恋愛対象者から右目のことを犬猿される可能性もあります。就職にしても事故による負傷と聞くと決して良い印象は得られないでしょう。眼球破裂事件の高校生はこれからいばらの道を歩いていくことになるでしょう。

眼球破裂事件暴動の動画

眼球破裂事件の概要

眼球破裂事件の概要をまとめてみます。

事の発端は27日に起きた眼球破裂事件の高校生の事故から始まります。午前1時15分ごろに暴走族を取り締まるため警察官が徒歩でパトロールをしていました。眼球破裂事件の高校生が通りかかったところ職務質問をするために呼び止めようとしましたが、眼球破裂事件の高校生は制止を振り切って逃げます。

警察官と眼球破裂事件の高校生が接触し警察官は負傷。眼球破裂の高校生は4分後に顔面の痛みを訴えて自ら119番通報しています。病院に運ばれた眼球破裂事件の高校生の診断は右眼球破裂と右眼底骨折という重傷でした。

当時、眼球破裂事件の高校生と一緒にいた仲間に「警官に警棒で殴られた」と言い、仲間がそのことをSNS上で発信し拡散しました。それを見た地元の若者たちが「お前らがやられたらどう思うか」等の罵倒を叫びながら、警察署に石や卵の殻等のゴミを投げつけたり、スプレーを使用して落書きをしたというものです。

まるで、海外のような暴動です。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました